まゆ毛にも使えるコントロールジェルME

コントロールジェルMEは眉毛に使って大丈夫?

眉毛が濃くて悩んでいる人には、コントロールジェルMEという抑毛剤がお勧めです。抑毛剤は除毛剤と違って、低刺激なのでコントロールジェルMEは眉毛にも使用できます。眉毛を剃ったり、抜いたりしても、毛の濃さは変りません。自然に眉毛を薄くするにはコントロールジェルMEが適しています。

 

コントロールジェルme コントロールジェルMEの詳細はこちら

 

眉毛が濃いという悩みの場合、毛の1本1本が太いことが問題です。長ければカットすればいいですし。眉毛が生えている面積が広いというケースの場合、抜いたり剃ったりすれば問題は解決します。しかし、毛の太さが悩みの場合、抜いたり、剃ったりしても問題が解決しません。そこで、お勧めなのがコントロールジェルMEです。

 

眉毛の濃さは性ホルモンの影響や遺伝が関係していると言われていますが、眉毛が濃いという悩みは男女問わずあるものです。どちらかといえば、男性の方が眉毛が濃い人が多いですが、女性でも眉毛が濃い人がいるので、個人差が大きい部位だといえます。眉毛の濃さは顔の印象に大きな影響を与えます。大事な部分ですので、ケアはかかせません。特に第一印象に影響してくるので、眉毛の濃さを気にして悩んでいる人も多いというわけです。

 

また、眉毛が濃い子供は学校でイジメられたりするので、対策が必要な場合もあるでしょう。コントロールジェルMEは男女兼用の抑毛ローションです。また、顔にも使える、子供でも使える安全性を兼ね備えています。

 

コントロールジェルMEは洗顔後に眉毛に塗るだけのケアで、これから生えてくる眉毛を薄くしていく抑毛効果が期待できる画期的なコスメです。コントロールジェルMEは液体よりも粘度がある、ジェルタイプなので垂れにくく、眉毛のような部位でも使いやすいのがです。量が多めだと垂れる可能性があります。眉毛に使用する場合は、目に入らないように注意が必要です。コントロールジェルMEは刺激が少ないという点がメリットのひとつですが、目に入れていいものではありません。眉毛の周り、おでこ周辺、こめかみ周辺、頬やアゴ周りにも使用できます。気になる部位に塗るだけの簡単ムダ毛ケアです。

 

何もいいことばかりではありません。ここではデメリットを取り上げてみたいと思います。デメリットとしては、コントロールジェルMEを使用開始してから、抑毛効果を実感できるまでに数週間から数ヶ月の期間を要するということです。

 

抑毛効果をなるべく早めるために1日2回の使用がお勧めです。コントロールジェルMEの使い方としては、お風呂上りや洗顔後に塗るだけです。使用前に汗や汚れ、余分な皮脂、メイクは落とす必要があるということです。厚塗りしたり、強く擦り付けても意味がありません。肌への浸透率や吸収力が高いので、普通に塗るだけで大丈夫です。

 

コントロールジェルMEの内容量は150mlですが、眉毛だけに使用する場合、1本あれば数ヶ月はもつと思います。公式サイトでは1本で1ヶ月分が目安とされていますが、部分的に使用するときは、この目安は当てはありません。

 

コントロールジェルMEは無香料、無着色、合成界面活性剤も不使用です。主原料を植物成分としているので、安全性の高い抑毛ローションです。除毛剤などと異なり、顔を含め全身に使用できるのが特徴です。また、これまでに何回もバージョンアップをしています。現在は、NEWコントロールジェルMEとして販売されています。

 

コントロールジェルMEは子供や敏感肌の人でも使えるくらい低刺激が特徴の抑毛コスメですが、なかには肌に合わない人もいます。必ずパッチテストを実施してから、本格的に使用を開始することと、肌に異常が現れた場合は使用を中止する必要があります。なお、肌に合わなかったという人のために、返金保証の制度があります。肌に合わない、肌トラブルが起きた等の理由で、使用を中止せざるをえないケースでも、返金保証があるので、安心して試すことができます。コスメで肌トラブルを起こしやすいという人でも安心の制度です。しかも、信頼の日本製です。価格は決して安くないですが、品質重視の抑毛ジェルです。

 

コントロールジェルMEの詳細や返金保証については、販売元の有限会社テレサインターナショナルにお問い合わせください。フラワーエピソードはブランド名であり、会社名ではありません。